ASME DSCC2013

10月21日〜23日のASME Dynamic Systems and Control Conferenceに行ってきました。会場はスタンフォード大学。この会議への参加は初めて。来年北大ホストで行うMOVIC2014でへの地均しという意味も込めて企画された招待セッションに誘われての参加です。セッションタイトルは Control, Monitoring, and Energy Harvesting of Vibratory Systems で,発表としてはSHMのテーマを出したのですが、これはちょっと場違いだったかな。素直に振動発電のテーマを出せばよかったかとも思いましたが、タイミングが合わなかったのです。(汗) 件のセッションではやはり発電関係で研究のヒントを得ることができました。他ではウェアラブルロボットやアシスト関連のセッションを中心に回りましたが、こちらもいろいろインスピレーションを得ることができました。

 

7セッションパラレルですが割とこぢんまりした印象。朝のplenaryと昼休みにも学生向けのlectureやeducation session、二日目には午後にもplenaryがあり、ゆとりのプログラム構成ですが、発表の部屋が狭いのには辟易しました。この季節まず雨が降らないカリフォルニアならでの「テント」会場とか、それでも少し北のサンフランシスコはどっぷりの霧だとか、そういうところも面白かったですね。

 

続きに若干の写真あり。

増田 新

京都工芸繊維大学

大学 機械工学系・教授・ものづくり教育研究センター兼務

Twitter @artmas01

Twitter @kiriki_t