受動歩行機械に内在する安定化機構

M1NさんB4H君とミーティング。平面リンク受動歩行機械では鞍状点を乗り越えるダイバージェンス型不安定軌道が遊脚の衝突によるエネルギ散逸によって安定化する。安定度を支配するパラメータを把握すること。来週から文献読み。

増田 新

京都工芸繊維大学

大学 機械工学系・教授・ものづくり教育研究センター兼務

Twitter @artmas01

Twitter @kiriki_t